たろめんの由来


 
”たろめん”の由来は九州は佐賀に手打ちうどんが大好きな太郎という百姓がいて

野菜を取ってきてはうどんに入れて食べていました。

そのうちに、うどんのスープを中華風にしてみようと思い、中国に渡り、色々なだしを

使い、やっと見つけた味を佐賀県民に伝えました。

この独特な味の手打ちうどんを人はいつしか太郎麺と名づけました。

この味は今でも佐賀の大町で受け継がれています。



たろめんの魅力


 ・懐かしい昭和の味!!

 ・牛骨を使ったスープ!!

 ・しょうが味が美味!!


 ・うどん麺を使用!!

 ・野菜との相性バツグン!!



たろまんもあるよ!!


「大町たろめん」の具材を使ったまんじゅうです。


牛・豚・鶏の贅沢スープに肉や野菜が入ったしょうが味


クセがあるから”癖”になる味。


袋をちょっと開けてレンジで90秒するだけでおいしく召し上がれます!

実際に食べてみて


たろめんは、野菜がたっぷり入っていてボリュームがあるし、しょうがが入っていて体が温まります。スー

プもこってりしていて麺とよくあっていました!


うどん麺を中華風のスープで食べるのは初めてだったけど、また食べたくなる癖のある味です。


たろまんは、レンジでチンするだけで出来るので手軽に食べられます!



店舗情報
店舗名:大町たろめん運営協議会
住所:佐賀県杵島郡大町町大字福母419番地3
電話番号:0952-82-2500
連絡者:藤瀬 健一郎
お問い合わせ:taromen@cableone.ne.jp